投稿者「mori」のアーカイブ

ちくらつなぐホテル(旧青山荘)の附属世田谷小学校関係者限定のイベント

2019年11月23日(土)ちくらつなぐホテルでは,附小関係者(同窓生も含む)限定のイベントが行われます。
懐かしの食堂,現SEIZANCAFEにてのランチ(¥1200~ )
 クリスマスツリーに飾るアロマワックスバーオーナメント作り(大人¥1000 小学生¥500)
 懐かしの授業〇〇先生講義(調整中)
 附小+青山荘の「過去と未来」上映会
 クリスマスツリー点灯式
 バーベキュー(機材貸し出しのみ 大人¥1000 子供¥500)
 キャンプファイヤー(19:00~20:00) 悪天中止
などが計画されています。
宿泊は優待宿泊 宿泊予約は電話のみ 0470-29-7370 。
本イベントについて予約や問い合わせは電話もしくはメールで
電話 0470-29-7370(対応時間9:00~20:00)
メール contact@chikura.tunaguhoterl.jp

ちくらつなぐホテル
〒295-0011 千葉県南房総市千倉町北朝夷2967
HP https://chikura.tsunaguhotel

訃報 東 節子 先生

東(西)節子先生(1950年から1990年在任)には2019年7月22日逝去されました(享年89歳)。
ここに謹んで哀悼の意を表し,ご冥福をお祈りいたします。
ご主人の巌先生(故人)にも附属中学でお世話になった方も多いことと思います。
なお,ご家族のご希望でご自宅への弔問等はお控えいただき,墓前でご焼香ください。
菩提寺:東禅寺 東京都港区高輪3-16-16

訃報 真仁田 昭 先生

真仁田 昭先生(1952(昭和27)年~1955(昭和30)年在任)におかれましては,平成30年12月8日に逝去されました。享年91歳。ここに謹んでで哀悼の意を表し,ご冥福をお祈りいたします。

訃報 荒井 孝 先生

荒井孝先生(享年83歳)(1964年9月~87年3月在任)におかれましては,2018年8月24日逝去されました。
先生は1983年度から86年度まで副校長を務められました。ここに謹んで哀悼の意を表し,ご冥福をお祈りすると共にお知らせ申し上げます。
先生のご寄稿が藤棚49号(2017年) に掲載されています。

訃報 小塚先生ご夫妻

小塚芳夫先生(享年96歳)(1945年~49年在任)におかれましては2018年7月12日に逝去されました。また,
小塚(広田)道子先生(享年97歳)(1943年~49年在任)におかれましては同年8月7日逝去されました。
ここに謹んで哀悼の意を表し,ご冥福をお祈りすると共にお知らせいたします。

同窓会名簿進捗状況

2017年6月1日
皆様にご協力いただきました,名簿の全数調査票は約7,200名の同窓生にお送りし,約2,300通回収いたしました。その他に,宛先不明で140通程度戻ってきました。
回収した調査票は全て入力が終わっていますが,4月になってもぽつぽつと遅れてご返事を下さる方があります。印刷に回すまではまだ若干の日数がありますので,返信をお忘れになっておられる方は至急ご返送下さい。
名簿は,会費を納入された方に9月ころにお送りする予定です。

また,同窓会費5000円(2017年~2021年分)を納入されておられない方は調査票に付いていた振込用紙にて,是非会費をお送りください(卒業後10年を経ていない方,及び,1949年以前卒業の方は会費が免除されます)。同窓会は皆様の会費によって運営されております。

名簿調査票と会費納入について

2016年12月20日
○名簿調査票について
2017年度に同窓会名簿を発行する予定です。そのために,住所の判明している同窓会員には会報「藤棚」と共に名簿調査票をお送りしています。
調査票には現在同窓会に登録されている事項が印刷されています。変更事項をご記入の上,また,変更が無ければそのまま同封の封筒にて返送ください。
なお,会報「藤棚」と調査票が届いていない方は,このホームページの名簿「変更・情報提供・会費」から住所変更が出来ます。お届け頂ければあらためて会報と調査票をお送りいたします。

○会費納入のお願い
同窓会費納入該当の同窓会員は,調査票の隣のページの同窓会費振込票を用いて2017年~2021年の会費(5000円)を納入ください。会費を納入された方には名簿をお送りいたします。
皆様の会費によって同窓会は活動をしています。是非とも会費納入をお願いいたします。

訃報 高田早穂見 先生

高田早穂見先生は2016年12月3日逝去されました。享年90歳。
先生は1954年から1986年まで附属小学校に勤務されました。
青山荘音頭が先生の作曲ということは附小同窓生ならどなたもご存じですが,讃美歌第2編243番「神の招き」という大変有名な讃美歌も作曲されておられます。附小での教育の傍らこども讃美歌を沢山作曲されておられました。